新型コロナウイルスに関して
 

 

 

 

 

改正法が順次施行!
 

 

 

 

 

2019年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行されています。

 

 

 

年5日有給休暇の確実な取得

時間外労働の上限導入

正規・非正規間の不合理な待遇差解消

 

 

私たちがお手伝いします!

働き方改革の取り組みに当たって、対応はお済みですか?

  • 時間外労働を行うには、サブロク(36)協定の作成、届出が必要です。
  • 労働契約を締結する際は、労働者に対して、労働条件を書面等で明示する必要があります。
  • 労働者10名以上の場合は、就業規則の作成、届出が必要です。
  • 賃金台帳、労働者名簿などを作成する必要があります。
  • 非正規の方を雇っている場合は、正規の方と比べて不合理な待遇差がないようにする必要があります。

 

 

 

利用できるサービス
 

 

センターでの相談支援

センターにて社会保険労務士がいつでも電話・来所・メールによる相談に応じます。

セミナー・出張相談会

セミナーや出張相談会の開催や講師の派遣を行い、働き方改革の内容等をご説明します。

企業訪問による支援

個別相談を希望される企業等へ社会保険労務士が訪問し、支援を行います。

 

助成金のご案内
 

 

働き方改革推進支援助成金

「働き方改革推進支援助成金」は、生産性を高めながら労働時間の縮減等に取り組む中小企業・小規模事業者等に対して助成するものであり、中小企業における労働時間の設定の改善の促進を目的としています。

業務改善助成金

「業務改善助成金」は、事業場内最低賃金が 1,000 円未満の中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

キャリアアップ助成金

「キャリアアップ助成金」は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者 といった、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。
労働者の意欲、能力を向上させ、生産性を高め、優秀な人材を確保するために、是非、この助成金制度をご活用ください。

『働き方改革』に取り組む 鹿児島の
中小企業・小規模事業者の皆さまを支援します!

「働き方改革推進支援センター」は、就業規則の作成方法、賃金規定の見直しや労働関係助成金の活用など、
『働き方改革』に関連する様々なご相談に対応し、支援することを目的として設置されています。
専門家の社会保険労務士が、無料で事業主の労務管理上のお悩み等をお聴きし、
働き方改革の実現に向けたアドバイスを行うなど、ワンストップで支援します。

お問合せ・お申込

 

 

 

アクセス
 

 

 

 

【名 称】 鹿児島働き方改革推進支援センター

 

【所在地】鹿児島市下荒田3-44-18 のせビル2F
(鹿児島県社会保険労務士会事務局内)

 

【電 話】 0120-221-255(フリーダイヤル)

 

【メール】  hatarakikata@sr-kagoshima.jp
(@は半角に置き換えてください)

 

【受付時間】 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

 

※ご相談内容等の秘密は厳守します。お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ・お申込み
 

 

 

 

電話・来所相談、企業訪問相談、出張相談会、セミナー開催等、すべて無料でサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。(※ご相談内容等秘密は厳守します)
 

《新年度の対応について》
2020年度もセンターを開設し、ご相談(電話・来所)を受付しています。
企業訪問・出張相談等のお申込み等についてもお問い合わせください。
 

お電話でのお問合せ・セミナーお申込み
 

フリーダイヤル : 0120-221-255
 

【受付時間】 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
 

 


 

 

 

FAXでのお問合せ・お申込み
(チラシのダウンロード)
 

 


↑クリックしてダウンロード
 

 

 


 

 

 

▼フォーム入力によるお問合せ・お申込み
 

(数日たっても返信がない場合には、お手数をおかけしますが0120-221-255 までお電話ください。)
 

*上記のいずれかをチェックして下さい。
*読みにくい場合はカタカナでご入力ください。
*電話連絡の場合があるため必ずご入力ください。